岩手のニュース

九戸政実武将隊 出迎えじゃ 二戸駅で帰省客もてなす

駅で武将隊から歓迎される家族連れ=29日午後3時ごろ

 岩手県二戸市を拠点に活躍した戦国武将九戸政実(1536〜91年)のPR集団「九戸政実武将隊」が29日、JR二戸駅で帰省客を出迎え、降り立った家族連れや学生らを手厚くもてなした。
 武将や「くノ一」に扮(ふん)した武将隊の7人が帰省客に「お帰りなさい」と声を掛け、九戸政実がデザインされた缶バッジなどを配った。帰省客は喜びながら武将隊と握手をしたり、記念撮影をしたりした。
 武将隊の坂戸公輝さん(19)は「二戸市にまた帰って来たいと思ってもらえるよう、心を込めて出迎えた」と話した。
 家族4人で帰省した神奈川県横須賀市の会社員佐藤由香さん(44)は「にぎやかに迎えてもらえてうれしい。実家ではみんなで父の傘寿をお祝いし、のんびり過ごしたい」と語った。


関連ページ: 岩手 社会

2017年12月30日土曜日


先頭に戻る