宮城のニュース

<全国高校女子サッカー>聖和学園惜敗 常盤木学園も敗退

 30日、兵庫県立三木総合防災公園などで開幕して1回戦が行われ、聖和学園(宮城)は夏の全国高校総体を制した日ノ本学園(兵庫)に0−0からのPK戦の末に惜敗した。常盤木学園(宮城)も大阪学芸に0−1で敗れた。専大北上(岩手)は2大会ぶりの優勝を狙う藤枝順心(静岡)に0−10で大敗した。
 2連覇を目指す十文字(東京)は秀岳館(熊本)に3−2で逆転勝ちした。
 大会は32校が参加し、決勝は来年1月7日に神戸ユニバー記念競技場で行われる。


2017年12月31日日曜日


先頭に戻る