宮城のニュース

<全国高校サッカー>仙台育英 堅守崩せず2回戦敗退

 第3日は2日、千葉市のフクダ電子アリーナなどで2回戦16試合が行われ、2連覇を狙う青森山田は草津東(滋賀)に5−0で完勝して3回戦に進んだ。
 仙台育英は米子北(鳥取)の堅守を崩せず、0−1で惜敗した。羽黒(山形)は大阪桐蔭に0−6で大敗。遠野(岩手)は作陽(岡山)に1−2で敗れた。

▽2回戦
米子北(鳥取)1 1−0 0 仙台育英
         0−0
▽得点者【米】城市

 【評】仙台育英は前半3分に献上した先制点が最後まで重くのしかかり、2回戦敗退した。後半はサイドを広く使って攻め込んだが、寄せの速い守備に苦しみ、決定機をつくれなかった。米子北はピンチでGK佐藤が好セーブを見せた。

<一瞬の隙突かれた/仙台育英・城福監督の話>
 序盤の失点は守備陣の意思疎通がうまくいかず、一瞬の隙を突かれてしまった。後半に何度も好機をつくれたが、もっと思い切り良く攻めることが必要だった。


2018年01月03日水曜日


先頭に戻る