宮城のニュース

<小野寺防衛相>サイバー攻撃や電波妨害「専守防衛か整理が必要」

安全保障問題について講演する小野寺防衛相

 小野寺五典防衛相は4日、宮城県大崎市で講演し、北朝鮮からのミサイル攻撃の脅威を強調した上で、日本が他国からの攻撃を阻止するため、サイバー攻撃や電波妨害の手段を使うことについて「『専守防衛』でこうしたことができるのか、整理していかなくてはならない」と語った。
 日米の人工衛星を、衛星利用測位システム(GPS)の機能停止を狙った攻撃から守る自衛隊初の宇宙部隊を巡っては「新年度に創設したい」と改めて意欲を示した。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2018年01月05日金曜日


先頭に戻る