宮城のニュース

<楽天>若ワシ、希望を胸に 新人10選手が入寮

寮の前で記念撮影に収まる東北楽天新人選手

 東北楽天のドラフト1位近藤弘樹投手(22)=岡山商大=ら新人10選手が5日、仙台市の選手寮「泉犬鷲(いぬわし)寮」に入り、プロ野球選手としてのスタートを切った。
 正午すぎから続々と入寮した。近藤は「寮の印象はきれい。まずはけがをしないように1年を過ごしたい」と笑顔。2位岩見雅紀外野手(23)=慶大=は「やっと入寮できた。始まるなという実感が出てきた」と気持ちを新たにした。
 気温は低く、冷たい風も吹いていたが、3位山崎剛内野手(22)=国学院大=は「仙台の雪景色はきれいだった。レベルアップできるように頑張りたい」と元気いっぱいに語った。
 東北からは内野手の6位西巻賢二(18)=仙台育英高=と育成2位松本京志郎(18)=福島・光南高=が入団した。会津若松市出身の西巻は「これから自分がどうなるのか楽しみ」、福島県西郷村出身の松本は「しっかり練習してプロの世界で活躍したい」と、それぞれ期待を膨らませた。
 10選手は9日から仙台市の楽天生命パーク宮城などで行われる新人合同自主トレーニングに臨む。


2018年01月06日土曜日


先頭に戻る