宮城のニュース

<楽天>西巻寮生活に不安なし「高校の時より部屋が広い」

 ドラフト6位の西巻は寮生活に不安はない様子だ。中学から福島の親元を離れて宮城で6年間暮らしたとあって、「寮生活には慣れている。高校の時よりも部屋が広くて過ごしやすそう」と笑顔を見せた。
 母親と5歳上の兄に荷物運びを手伝ってもらい、入寮を済ませた。持参したのが中学の頃から部屋に置いている「くまのプーさん」のぬいぐるみ。「兄が少年野球をしていた時、球場に持っていくといいことが起きた」という縁起物だ。
 会津若松市の実家から仙台へ向かう際、家族に「頑張ってこい」と送り出してもらったという。支えてくれた家族に「成長した姿を見せたい」とプロの世界での活躍を誓った。


2018年01月06日土曜日


先頭に戻る