山形のニュース

<奥羽新幹線>フル規格整備の一日も早い実現を 山形で官民組織設立

 フル規格の奥羽新幹線(福島−秋田間)の早期実現を目指す官民組織「山形圏域奥羽新幹線整備実現同盟会」の設立総会が5日、山形市であり、国やJR東日本への要望活動、地元での普及啓発活動などに取り組む方針を確認した。
 同盟会は東南村山地域の3市2町や商工団体で組織し、総会には自治体や団体の代表ら約50人が参加。会長に就任した佐藤孝弘山形市長は「奥羽新幹線の整備は山形県全域に大きな経済波及効果をもたらす。他地域の同盟会とも連携しながら、整備に向けた機運醸成を図りたい」とあいさつした。
 来賓として出席した吉村美栄子知事も「地元の熱意が一番大事だ。オール山形で、フル規格新幹線の一日も早い実現を目指したい」と力を込めた。
 県内には、奥羽新幹線と羽越新幹線(富山−青森間)の早期実現を訴える全県組織「山形県奥羽・羽越新幹線整備実現同盟」のほか、米沢市、最上、庄内の各地域にも同様の推進組織がある。


関連ページ: 山形 政治・行政

2018年01月06日土曜日


先頭に戻る