宮城のニュース

でがす、いがすぺ、だめでがす 双子の「ベージュ兄弟」が早口言葉で交通事故防止呼び掛け

 ◇…「飲酒運転だめでがす ちょっとはいがすぺ だめでがす」。健康にも良いという交通早口言葉や運転能力を判断する視力検査に挑むのは、宮城県大崎市交通指導員が扮(ふん)する、似てない双子の兄弟だ。
 ◇…市安全・安心まちづくり大会の一こま。視力検査で右側が開いた円環を示されると「知ってる。Cだすぺ」。おとぼけぶりに、会場は爆笑に包まれた。
 ◇…それでも交通事故防止を盛んにアピール。自分たちと同じ「米寿」に近く、服が地味な「ベージュ」世代に夜道での反射材着用を促した。
(大崎)


関連ページ: 宮城 社会

2018年01月07日日曜日


先頭に戻る