宮城のニュース

<高校バレー>仙台商が3回戦で敗退 近江(滋賀)に0−2で敗れる

 バレーボールの全日本高校選手権第3日は6日、東京体育館で3回戦と準々決勝が行われ、男子の仙台商が3回戦で近江(滋賀)に0−2で敗れ、準々決勝へ進めなかった。全国高校総体準優勝の開智(和歌山)も3回戦で高川学園に敗れた。総体王者の鎮西(熊本)、前回準優勝の東亜学園(東京)のほか、高川学園(山口)洛南(京都)が準決勝に進出した。
 女子は由利(秋田)が3回戦で就実(岡山)に快勝。準々決勝では金蘭会(大阪)にストレート負けを喫した。総体覇者の東九州龍谷(大分)が準々決勝で八王子実践(東京)に2−1で競り勝った。3連覇を目指す下北沢成徳(東京)総体準優勝の誠英(山口)も4強入りした。


2018年01月07日日曜日


先頭に戻る