宮城のニュース

<成人式>向上心持ち良い社会へ 宮城・大崎

仲間と記念撮影する新成人

 宮城県大崎市では鳴子地域を除く、市内6地域で成人式があった。最多の696人の新成人がいる古川地域では市民会館で式典を行い、参加者が思いを新たにした。
 式辞で伊藤康志市長は「目標や希望に向かって力強く歩み出してほしい」とエールを送った。新成人を代表して八巻理央さん(19)と猪股薫里(かおり)さん(20)が「これからは社会をより良くしていけるよう、向上心を持って前進する覚悟です」と誓いの言葉を述べた。
 会社員の千葉晴香さん(20)は「会社に海外の人が来るのでもっと英語を使えるようにしたい。お酒も飲めるようになりたい」と抱負を語った。
 市内の新成人は1131人(男595人、女536人)。鳴子地域は32人で昨年8月に成人式を行った。


関連ページ: 宮城 社会

2018年01月08日月曜日


先頭に戻る