宮城のニュース

<成人式>「野球通して地元の力に」立教大2年佐々木さんが誓いの言葉 富谷

誓いの言葉を述べる佐々木さん

 富谷市は、富谷スポーツセンターで成人式を開いた。新成人約630人を前に若生裕俊市長は「可能性を信じて、挑戦して人生を切り開いてほしい。新市2年目の市も環境づくりに努める」とあいさつした。
 誓いの言葉は、2015年の全国高校野球選手権大会で準優勝を飾った仙台育英ナインの一人、立教大2年佐々木良介さんが務めた。佐々木さんは「大学では野球部に在籍し、社会人野球で活躍することを目標に練習に励んでいる。将来は多くのことを学んだ野球を通じて、富谷市や宮城県、野球界に貢献していきたい」と力強く語った。
 新成人の歩みや出来事を振り返るスライドショーや出身中学校ごとの記念撮影もあった。都内の専門学校で音響を学ぶ井上結加里さんは「4月から社会人になるので、人々を感動させる音響を目指して頑張っていきたい」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2018年01月09日火曜日


先頭に戻る