宮城のニュース

仙山線で乗客5人から運賃過徴収

 JR東日本仙台支社は8日、仙台市青葉区のJR仙山線北山駅で切符を購入した乗客5人から、運賃を450円ずつ多く徴収したと発表した。同支社によると、6日午前11時ごろから午後6時ごろにかけ、自動券売機内にある釣り銭用の500円硬貨を入れる場所に50円硬貨が混入し、釣り銭が450円少なくなるケースがあった。乗客の指摘で発覚し、この乗客には450円を返した。他の乗客4人については、申告があり、過徴収を確認できれば返金に応じる。混入の原因は調査中。同支社は「ご迷惑をお掛けしおわびする。再発防止に万全を期す」としている。


関連ページ: 宮城 社会

2018年01月09日火曜日


先頭に戻る