宮城のニュース

早春を告げる 白石でフクジュソウ開く

かれんな花を咲かせたフクジュソウ

 白石市大鷹沢三沢の農業一條おきよさん(74)方で、山里に早春を告げるフクジュソウが咲き始めた。自宅敷地内の日当たりがいい土手で昨年12月23日に咲いているのを見つけ、今月に入って20輪ほどの黄色い花が開いた。
 開花は前年より5日ほど早いという。一條さんは「寒い日が続くけれど、この花を見ると春に近づいた気がして楽しい気分になる」と笑顔を見せた。
 今月いっぱいは次々に花が開き、咲きそろえば黄色いじゅうたんのようになるという。


関連ページ: 宮城 社会

2018年01月10日水曜日


先頭に戻る