宮城のニュース

<富谷市>就学援助費支給 今月末に前倒し 入学準備金に

 宮城県富谷市は、経済的理由で就学が困難な子どもたちを支援する就学援助費の支給時期を、従来の7月から今月31日に前倒しする。学用品や制服購入など、入学に必要な準備金として利用してもらう。
 今年4月に小中学校に入学する子どもがいる家庭のうち、低所得世帯や東日本大震災で被災した家庭などが対象。支給額は所得条件などで異なり、小1は1人当たり2万300〜4万600円、中1は2万3700〜4万7400円。
 市学校教育課によると、市内の今春の小学校入学予定者は627人、中学校673人。就学援助費は昨年12月22日現在で計63人が申請している。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2018年01月10日水曜日


先頭に戻る