宮城のニュース

<成人式>地域に恩返し、誓い新た 利府町で晴れ着姿の324人集う

利府町の成人式に臨んだ新成人たち

 利府町の成人式が7日、町総合体育館であり、スーツや晴れ着姿の新成人324人が出席した。
 鈴木勝雄町長は「20年間で人口が増え、町に一段と活気が出てきた。情報・グローバル化の時代を生きる皆さんの活躍に期待します」と祝いの言葉を贈った。
 新成人を代表して2人が抱負を述べ、北海道大生の安野郁さん(20)は「森林管理や環境保全を学んでいる。地球規模で考えるときも地域の小さな声を見落とさない大人になりたい」と誓った。宮教大生の名取佑さん(19)は「大人のスタートラインに立ったばかり。将来は教師として地域に恩返ししたい」と意欲を見せた。


関連ページ: 宮城 社会

2018年01月11日木曜日


先頭に戻る