宮城のニュース

加美のラーメン食べ歩き あすからスタンプラリー

スタンプラリーの応募用紙

 寒い冬は宮城県加美町へラーメンを食べに来て−。町観光まちづくり協会は12日、「ラーメンロード加美町スタンプラリー」を始める。対象の3店以上で食べた応募者54人に抽選で賞品を贈る。3月15日まで。
 町内23の飲食店が参加。昔ながらの鶏だしの中華そば、中華料理店のあんかけラーメンなどが味わえる。
 スタンプ台紙は各店舗や観光施設にあり、各店の情報や一押しメニューが写真付きで載っている。3店か5店のスタンプを集め、店内の応募箱に投函(とうかん)すると、特産品や宿泊券が抽選で53人に当たる。ほかに全店制覇賞(1人)も用意した。
 企画のきっかけは宮城、山形両県を結ぶ国道347号の通年通行。山形へそばを食べに行く人が増えたため、逆に山形から人を呼び込む目玉を検討していた。
 同協会は「加美町には意外と多くのラーメン店がある。地元で長年愛されている味を、県内外の人に知ってもらいたい」と話す。連絡先は同協会0229(63)8008。


関連ページ: 宮城 社会

2018年01月11日木曜日


先頭に戻る