宮城のニュース

NYにパワー届ける 米で3月復興支援コンサート 出演の高校生が初演奏会で熱唱

元気な歌声を届けた出演者

 東日本大震災の復興支援として毎年3月に開かれている米ニューヨークの「ハンド・イン・ハンド・コンサート」に、名取市の「ハンド・イン・ハンドNATORI」が出演することになり、市文化会館で初の演奏会を開いた。
 メンバーは名取市などの高校生の男女計16人。2016年の設立で、歌と踊りを中心に活動する。
 演奏会では「オペラ座の怪人」「真赤な太陽」など7曲とミュージカルを披露した。米公演に一緒に出演する聖ウルスラ学院英智高(仙台市)の合唱部も参加し、観客約110人が聴き入った。
 リーダーで東北学院高(同)1年の熊谷泰晴さん(16)は「元気で個性的なメンバーが持ち味。観客にパワーを届けられるように歌った」と話した。
 演奏会は6日にあった。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2018年01月10日水曜日


先頭に戻る