宮城のニュース

<美里町長選>無投票の公算大 再選目指す無所属現職 16日告示

相沢清一氏

 任期満了に伴う美里町長選(21日投開票)は16日の告示まで5日に迫った。立候補を予定しているのは、再選を目指す無所属現職の相沢清一氏(65)のみで、前回に続き無投票になる公算が大きい。
 相沢氏は昨年12月24日、町内で励ます会を開き、約70人の支持者の前で「将来の素晴らしい美里町をつくるため、町民の意見をしっかり聞き、頑張っていきたい」と意欲を述べた。基盤産業の農業活性化、待機児童問題解消や少子化に伴う中学再編などを訴える。
 町議選(定数16)も同じ日程で行われ、現職14、元議員1、新人3の計18人が立候補の準備を進めている。昨年12月1日現在の有権者は2万1269人。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2018年01月11日木曜日


先頭に戻る