宮城のニュース

<ファイト若ワシ>広い視野 堅実な守備 西巻賢二内野手

プロでの飛躍を期す西巻。冷静な判断力と堅守が光る

 東北楽天に今年も期待の新人が加わった。育成を含めて投手4人、野手6人の計10選手。剛球右腕のドラフト1位近藤弘樹(岡山商大)や大砲候補と注目される2位岩見雅紀(慶大)ら楽しみな存在ばかり。戌(いぬ)年入団の若きイヌワシたちを紹介する。

◎楽天新人紹介 西巻賢二内野手(18)

 冷静沈着なプレーが身上で、広い視野を持った堅実な守備が持ち味だ。「プロ野球選手になること以外は考えなかった。一年でも長くプレーしたい」。強い意志と向上心で夢の扉を開いた。
 小学2年で地元・会津若松市の軟式野球チームに入ったが、「上のレベルでやりたい」と小学4年の冬、100キロ以上離れたいわき市のチームに移った。平日は学校の授業があり、練習参加は土日のみ。いわき市内の健康ランドやチームメートの家に宿泊しながら通った。「上手な選手と練習する中で、たくさんの気付きがあった」と振り返る。
 中学からは親元を離れ、軟式野球の強豪、宮城の秀光中教校に入学。1年から主力で活躍し、3年の全国中学大会で優勝に貢献した。日々の練習で培ったのが「考える野球」だ。「どうすれば点を取れるかなど勝つ方法を深く考えた」とセンスに磨きをかけた。
 仙台育英高では甲子園大会に春夏計3度出場し、1年夏に踏んだ決勝の舞台でも動じずにプレーした。輝かしい実績の陰で苦い経験もあった。2年春の東北大会は守備で精彩を欠き、宿敵の東北(宮城)に準決勝で敗退。落ち込んでいた時、佐々木順一朗監督(当時)に掛けられた「うまくいかない時こそ実に面白いと思え」という言葉を今も胸に刻む。
 東北楽天が初の日本一となった2013年は中学生で、懸命に戦う選手の姿に感動した。「今度は自分が応援したいと思われるような選手になりたい」。東北で成長した18歳は、プロの世界でも輝きを放ってみせる。(佐々木智也)

西巻賢二(にしまき・けんじ)ドラフト6位。99年4月22日生まれ。会津若松市出身。167センチ、68キロ。右投げ右打ち。仙台育英高。背番号67。


2018年01月11日木曜日


先頭に戻る