宮城のニュース

ドッグ創的な年賀状ずらり 仙台文学館新春展

趣向を凝らした年賀状が並んだ新春ロビー展

 個性豊かな市民の年賀状を紹介する新春ロビー展「100万人の年賀状展」が、仙台市青葉区の仙台文学館で開かれている。2月12日まで。
 今年のえと「戌(いぬ)」にちなんだ絵手紙など約640点を展示。犬から連想した「ワンダフルな年になりますように」「ナンバーワンになりたいワン」などのメッセージが目立つ。年賀状30枚を組み合わせると、犬の姿になる大作もあった。
 ロビー展は16回目。担当者は「東日本大震災の直後に比べ、前向きで明るい内容が増えた。震災から今年で7年となり、心の復興が進んでいるのかもしれない」と話した。
 午前9時〜午後5時。入場無料。毎週月曜休館。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2018年01月12日金曜日


先頭に戻る