青森のニュース

連絡バスの愛称募集 青森・奥津軽いまべつ駅−津軽中里駅間

弘南バスが運行する奥津軽いまべつ駅と津軽中里駅を結ぶバス(今別町提供)

 北海道新幹線の奥津軽いまべつ駅(青森県今別町)と津軽鉄道の津軽中里駅(中泊町)を結ぶ連絡バスの利用者数を増やそうと、今別町などでつくる「奥津軽いまべつ駅・津軽中里駅運行協議会」がバスの愛称を募集している。
 連絡バスは北海道新幹線が開業した2016年3月以降、1日4往復、計8便運行しているが、1便当たりの平均利用者が1人未満と、目標の4人を下回る状況が続く。
 町は利用低迷の原因を、連絡バスそのもののPR不足と分析。多くの人に親しみを持ってもらおうと、愛称の募集を決めた。
 同協議会事務局の今別町企画課は「既に青森県内外から60件を超える応募がある。すてきな名前を応募してほしい」と話している。
 愛称ははがきやメールで申し込む。19日必着。最優秀作品の応募者には、同町や五所川原市などの特産品(1万円相当)が贈られる。連絡先は同課0174(35)3012。


関連ページ: 青森 社会

2018年01月12日金曜日


先頭に戻る