山形のニュース

<肘折温泉>大雪降ったら割引企画 積雪記録更新で1泊無料も

2メートルを超す積雪となっている肘折温泉

 全国有数の豪雪地として知られる山形県大蔵村の肘折温泉で、村観光協会は降雪量に応じて宿泊費や日帰り入浴料を割り引く「ドカ雪・大雪割キャンペーン」を始めた。3月11日まで。20軒ある温泉旅館のうち16軒が参加する。
 気象庁の地域気象観測システム(アメダス)のデータに基づき、最高(最深)積雪を更新する415センチ以上になったら、1泊分の宿泊料が無料になる。今季は積雪が一時270センチを超えた。
 前日の午後3時までの24時間降雪量に応じて宿泊料と日帰り入浴料を割り引くサービスも実施。30〜44センチの場合は、1人1泊につき500円(日帰り入浴は1人100円)、45〜59センチなら同1000円(同200円)、60センチ以上なら同2000円(同400円)それぞれ安くなる。
 キャンペーンは11日に始まった。村観光協会の担当者は「豪雪地だが道路はきちんと除雪されている。冬湯治の良さを知ってほしい」と話した。
 連絡先は肘折温泉観光案内所0233(76)2211。


関連ページ: 山形 経済

2018年01月14日日曜日


先頭に戻る