宮城のニュース

<ファイト若ワシ>力強い打撃力が持ち味 松本京志郎内野手

打撃練習に取り組む松本。「アピールポイントは打撃。しっかりと振ることを意識したい」

 東北楽天に今年も期待の新人が加わった。育成を含めて投手4人、野手6人の計10選手。剛球右腕のドラフト1位近藤弘樹(岡山商大)や大砲候補と注目される2位岩見雅紀(慶大)ら楽しみな存在ばかり。戌(いぬ)年入団の若きイヌワシたちを紹介する。

◎楽天新人紹介 松本京志郎内野手(18)

 東日本大震災の爪痕が、今も残る福島県出身。「まだ復興していない地域がある。地元の人に勇気を与えられるような結果を残したい」。復興の希望の光になろうと、意欲十分に語る。
 「間がいいな」。ソフトボール部だった小学5年。故郷の英雄、DeNA前監督の中畑清氏(福島県矢吹町出身)が、地元で開いた大会でスイングを褒めてくれた。「プロのすごい人に言われたのでうれしかった。今も覚えている」と笑みを浮かべる。
 この言葉で自信をつかみ、中学から本格的に野球を始めて投手や遊撃手を務めた。2年で県南地域の選抜チームに選ばれ、東北大会に出場。結果は準優勝に終わったものの「周囲のレベルはあまり高くなかった」。この頃からプロ入りを強く意識するようになった。
 持ち味は打撃力だ。何度振っても衰えない振りで、力強い打球を遠くまで飛ばせる。最近、前腕の筋肉が他の人よりも盛り上がっていることに気付いたという。「特に意識して筋トレをしたわけではないが、勝手に付いた。これは自分の武器だと思う。どんどん伸ばしたい」と意気込む。
 新人10人の中で唯一の同学年、そして同じ福島県出身のドラフト6位西巻賢二(仙台育英高)と切磋琢磨(せっさたくま)したい考えだ。
 「高校トップレベルの守備を見習いたい。いつか2人で一緒に試合に出て活躍できたらいい」。ひたむきに練習に取り組み、まずは支配下登録を目指す。(狭間優作)

[松本京志郎(まつもと・きょうしろう)]育成ドラフト2位。99年9月21日生まれ。福島県西郷村出身。172センチ、72キロ。右投げ左打ち。福島・光南高。背番号133。


2018年01月15日月曜日


先頭に戻る