岩手のニュース

<ゴンゲンサマ>神と遊び無病祈る 遠野市・八幡宮

神妙な面持ちでゴンゲンサマに頭をかまれる男の子

 岩手県遠野市の遠野郷八幡宮で15日、祭っているゴンゲンサマに舞を舞わせ、人間と遊ばせる年に一度の神事があった。普段は拝殿の奥に安置されている木彫りの頭に化身し、参列者の前に姿を現した。
 八幡宮のゴンゲンサマは、遠野物語110話に火を食い消す神様として登場する。神事では参列者約30人の頭を順番にかみ、無病息災や子どもの健やかな成長を願った。
 頭をかんでもらった浅倉友奏(ゆかな)ちゃん(4)=遠野市小友町=は「かまれても痛くなかった。ゴンゲンサマの目がかわいかった」と笑顔を見せた。


関連ページ: 岩手 社会

2018年01月16日火曜日


先頭に戻る