宮城のニュース

<美里町長選>相沢氏が無投票再選

相沢清一氏

 任期満了に伴う宮城県美里町長選は16日告示された。無所属現職の相沢清一氏(65)以外に立候補の届け出はなく、相沢氏が無投票で再選を果たした。
 相沢氏は、午後5時前に町内の遊説を切り上げて同町藤ケ崎町の事務所に到着。当選の知らせを受け、支持者らと共に喜びをかみしめた。相沢氏は「無投票という結果に責任の重さを感じる。また、町民と私の考えは同じ方を向いているとも実感し、風通しのいい、安心・安全な町づくりを進めたい」と2期目の決意を語った。
 相沢氏は昨年9月の議会で立候補を表明。主な公約に(1)基幹産業の農業振興(2)待機児童問題解消や中学統合など教育、福祉の充実(3)脱原発推進−を掲げる。任期は2月5日から4年間。15日現在の有権者は2万1236人。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2018年01月17日水曜日


先頭に戻る