宮城のニュース

仙台タクシー2.62%値上げ 2月25日から、増税時除き23年ぶり

 東北運輸局は16日、運賃引き上げが決まっていた仙台市内のタクシーの新運賃を公示した。値上げ率は2.62%で、2月25日に実施する。同市内での運賃引き上げは、消費税増税分の転嫁を除くと23年ぶり。
 新運賃は、初乗りが1.35〜1.6キロで640〜670円(現行上限1.7キロで670円)。加算運賃は172〜289メートルごとに80円(現行上限283メートルごと80円)。
 運輸局が示した目安料金は、JR仙台駅から青葉城跡まで(3.6キロ)利用した場合、新運賃は1310円で現行より80円高くなる。
 運賃改定は市内53事業者(2499台)のうち、47事業者(2406台)が申請したことを受けて審査を実施。審査の対象事業者の2016年度収支の合計が赤字になったため、改定が必要と判断した。


関連ページ: 宮城 経済

2018年01月17日水曜日


先頭に戻る