宮城のニュース

地域経済の発展に尽力誓う 県中小企業団体中央会が新春の集い

鏡開きで新年を祝う出席者ら

 県中小企業団体中央会は15日、会員の代表者らによる新春の集いを仙台市青葉区のホテルで開いた。約400人が出席し、地域経済の発展に尽力を誓った。
 今野敦之会長は「中小企業には国内市場の縮小や人材不足など経営課題が山積している。個々では解決できない問題に相互に連携し、取り組むことが大事だ」とあいさつした。
 来賓の相楽希美東北経済産業局長は「生産性向上に取り組む事業所への支援などを通じて、地域経済の発展に寄与するよう期待する」と祝辞を述べた。
 会場には、中央会が支援する企業の水産加工食品などを試食するブースもあった。


関連ページ: 宮城 経済

2018年01月18日木曜日


先頭に戻る