宮城のニュース

<楽天>茂木順調な回復 右肘手術後初スイング

 昨年11月に右肘を手術した東北楽天の茂木栄五郎内野手が16日、仙台市の泉練習場で手術後初めてバットを振り、順調な回復ぶりを示した。
 「50パーセントくらいの力」と言い、右肘の状態を確かめながら約50回の素振りをした。手術後の経過は良好な様子で「思ったよりも振れた。(17日からは)ボールを打ちたいと思っている」と汗をぬぐった。
 15日には短い距離でネットを目がけた送球練習も開始。投打の感覚を取り戻すため徐々に練習の強度を上げ、「3月中旬くらいには復帰し、シーズン開幕に間に合わせたい」と語った。


2018年01月17日水曜日


先頭に戻る