宮城のニュース

<いちおし土産>地元から受験生応援

受験生らを応援しようと企画された縁起物プロジェクトの商品

◎縁起物プロジェクト/亘理山元商工会

 亘理山元商工会が、宮城県亘理、山元両町の商店や飲食店などと展開している「縁起物プロジェクト」。受験生らにエールを送ろうと2014年に始まり、当初の十数店から現在は26店が参加し、ユニークな商品やメニューを提供している。
 中古着物の再利用に取り組む亘理町のWATALIS(ワタリス)は、吉祥文様の着物を使った「願いを叶(かな)える!きもの缶バッジ」(1個972円)を販売。山元町の田所食品は、ストレート果汁を詰めた「ストレート合格100%!紅白きぶどう詰め合わせ」(600ミリリットル入り2本、3132円)を取り扱う。
 町内の受験生や家族のほか、町外の親戚向けに購入する人が多いという。プロジェクトでは毎年の受験シーズン前、参加事業主らが商品とともに地元神社での祈願を受ける。商工会の丸谷由郎会長は「地元の商品を通じて受験生らを応援したい」とPRしている。

<メモ>プロジェクト参加店には目印ののぼりが掲げられており、各商品には神社で祈願したことを示す絵馬のシールが貼られている。商工会のホームページに、参加店と商品の一覧が掲載されている。連絡先は亘理山元商工会0223(34)3121。


関連ページ: 宮城 経済

2018年01月18日木曜日


先頭に戻る