福島のニュース

食べてみっせ〜 南相馬の高校生考案「ホッキ飯弁当」イオン発売

ホッキ飯弁当を商品化した斉藤さん(左)と木幡さん

 イオンは、小高産業技術高(福島県南相馬市)の生徒が商品開発した「食べてみっせ〜!ホッキ飯弁当」の販売を、東北の系列スーパーやコンビニエンストアで始めた。17日に福島県庁を訪れた生徒らは「ホッキ飯は相双地方のソウルフード。ぜひ味わって」とPRした。
 弁当は流通ビジネス科3年の斉藤彩華さん(18)と木幡澪優さん(18)が授業の一環で商品化。ホッキ飯をメインに「いか人参(にんじん)」や相馬みそを使った鶏の照り焼きなどを添えた。煮る時間を工夫し、ホッキを軟らかく仕上げた。
 斉藤さんらは内堀雅雄知事と懇談。東京電力福島第1原発事故で一時、避難生活を強いられた2人は「相双地方の良さを知ってほしい。今も古里を離れている人には懐かしさを感じてもらえれば」と話した。
 ホッキ飯弁当は税込み537円。ホッキ飯のおにぎり(税込み149円)とともに今月30日まで、秋田を除く東北5県の計300店で販売する。


関連ページ: 福島 経済

2018年01月18日木曜日


先頭に戻る