宮城のニュース

むすび丸 空から観光PR 宮城県とアイベックスが包括連携協定締結へ

5月に就航を予定する「むすび丸ジェット」のイメージ図

 宮城県と、仙台空港を拠点とするアイベックスエアラインズ(東京)が同空港の利用促進や観光振興、地域活性化などを目的とした包括連携協定を結ぶことが18日、分かった。県が航空会社と協定を締結するのは初めて。
 同社は5月、県の観光キャラクター「むすび丸」を描いた新しいジェット機を就航させる予定。県内の観光地や東日本大震災からの復興状況などの情報を、機内の情報誌や映像などを通してPRする。
 観光プロモーションやキャンペーンでの連携を強化し、訪日外国人旅行者(インバウンド)を含めた県内や東北への観光誘客を図る。機内で提供する飲み物や菓子などに県産品を採用することも検討する。
 社内に新設する地域活性化チームを中心に、県内企業などと連携した新しい地域間交通のモデル確立を目指す。震災経験を踏まえ、災害時の支援物資や人の緊急輸送協力も盛り込む。
 アイベックスは2000年から仙台空港と伊丹空港を拠点に、地方都市間を結ぶ航空路線を展開している。協定締結は、就航先の行政や企業などと連携した活性化推進策の一環。
 同社の仙台空港発着の路線は18日現在、福岡線が1日3往復、広島、伊丹、中部、小松の各線が1日2往復。全路線で全日空と共同運航している。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2018年01月19日金曜日


先頭に戻る