宮城のニュース

<にゃんとワンポイント・実践編>生え際持ち 深爪予防

軽く押さえたときの猫の前足。爪は隠れて見えない
強く押さえたときの猫の前足。爪全体が現れる

◎爪を切る

 今回は自宅で行う爪切りについてお話しします。
 犬は散歩の際に爪が地面で削れ、猫は爪を研ぎながら長さを調節します。体重が軽くて爪が地面にしっかり当たらない犬や、体調が悪く爪研ぎをしない猫などは爪が伸び過ぎてしまいます。長い爪は1周巻いて肉球に刺さったり、引っかけて爪を折ったり、犬猫自身がケガする原因になります。また、爪が当たって人がけがをすることもあります。1カ月に1回くらいのペースでチェックしましょう。
 猫は先端のとがった部分を切るだけにします。時間を掛けずに爪1本に対して1回で仕上げましょう。
 犬の爪は、白くて中の血管が透けて見えるタイプと、黒くて見えないタイプがあります。白い爪のカットは比較的容易ですが、黒い爪は血管を切らないよう、慎重に行う必要があります。
 切るたびにできる切り口の角を落とすように何度もはさみの角度を変えて少しずつ短くします。ゴボウやキュウリの乱切りを細かくやるようなイメージです。中心部が白く見えてきたら、血管の近くに到達している証拠ですので、そこでやめます。
 深爪をしなければ痛みはないはずですが、爪を切る際の「パチン」という振動や押さえられることへの不満、過去に深爪をした時のトラウマ(心的外傷)などで嫌がる子が多くいます。
 まずは顔を背けさせたり、タオルで顔を隠したりして、切っている様子を見せないようにしましょう。爪の生え際を上下から指で挟むようにして押さえます=写真上=。さらに強めに押さえる=写真下=と、引っ込んでいた爪が根元まで現れます。こうすることで爪が固定され、振動が伝わりにくくなります。爪もよく見えるので深爪の予防にもなります。それでもうまくいかないときは、伸び過ぎる前に、動物病院やペットショップのトリミングを利用しましょう。(獣医師 後藤千尋)


2018年01月19日金曜日


先頭に戻る