宮城のニュース

<ベガルタ>テンポ、スピードに手応え 糸満キャンプで初の実戦練習

ミニゲームで果敢な動きを見せる古林(左手前)

 18日は午前のみの練習が約2時間、初の実戦形式で行われた。ピッチの範囲を狭くしての8対8のミニゲームでは、速いテンポでパスをつないでサイドや相手DFラインの裏を突く連係を確かめた。新加入FW阿部は2ゴールと存在感を示し、同じく新加入のMF庄司も中盤でパスを散らして攻撃を組み立てた。19日は午前、午後の2部練習を行う。


2018年01月19日金曜日


先頭に戻る