宮城のニュース

明成高バスケ部 知事に全国Vを報告

村井知事(前列中央)へ優勝報告に訪れた選手ら

 昨年12月にあったバスケットボールの全国高校選手権で、2年ぶり5度目の優勝を果たした明成高の男子バスケットボール部が19日、県庁を訪れて村井嘉浩知事に報告した。
 決勝は夏の全国高校総体(南東北インターハイ)決勝で敗れている福岡大大濠を下した。相原アレクサンダー学主将(3年)は「1点差で負けた相手に、今度は7点差で勝つことができた。全国制覇できたのは県民の支援と応援のおかげ」と感謝した。
 村井知事は「悔しい思いをしながら、見事な優勝だった。また頂を目指して頑張ってほしい」と健闘をたたえた。選手らは同日、仙台市役所も訪れて優勝を報告した。


2018年01月20日土曜日


先頭に戻る