岩手のニュース

熱いぞ岩手発ネコグッズ 光る職人技 使い勝手の良さ人気

岩手の県産材を使ったネコ用グッズと太野さん

 盛岡市を拠点にネコ用グッズの開発と販売を手掛ける「クロス・クローバー・ジャパン」が、岩手の県産材や職人技を生かしたブランド「CATUX ZEN(キャタックス・ゼン)」を設立した。「ネコ目線」で使い勝手を追求した商品が話題になっている。
 取り扱う商品は約30種類。爪研ぎは丈夫で長持ちするよう外枠に県産のナラと南部アカマツを使用した。くぎを使わない組み木の技法を採用し、安全性にも考慮している。食器台は南部鉄器で安定感を高めた。
 商品一つ一つに職人の技も光る。高齢のネコでも餌を食べやすいよう縁の部分に傾斜を付けた陶器は、滝沢市の陶芸家がバランスを調整。木工品は花巻市、バッグは久慈市の業者がそれぞれ製造を担う。
 クロス・クローバージャパンは社長の太野由佳子さん(40)が2005年に起業した。当初は販売のみだったが、市場にネコ用グッズの種類が少ないと感じ、自ら商品開発を手掛けるようになったという。
 ブランドは余計な装飾を排してシンプルさを重視。太野さんが自宅で飼う2匹のネコが「商品試験」を繰り返し、使い勝手の良さを極めた。事務所には人間が使えるサイズに大きくした爪研ぎや食器を置き、社員がネコの身になって体験するコーナーも作った。
 今後は米国、中東など海外市場への進出を目指す。太野さんは「最近のネコブームでグッズは増えたが、人とネコが長く付き添うために必要なものを提供したい」と話す。
 商品は「CATUX ZEN」のオンラインショップで購入できる。連絡先はクロス・クローバー・ジャパン019(601)7892。


関連ページ: 岩手 経済

2018年01月20日土曜日


先頭に戻る