広域のニュース

<吉野復興相>風評被害払拭と企業誘致協力 経団連会長に要請

 吉野正芳復興相は19日、東京・大手町の経団連会館を訪れ、榊原定征会長に東京電力福島第1原発事故による風評被害の払拭(ふっしょく)と、東日本大震災の被災地への企業誘致で協力を求めた。
 吉野氏は、政府が昨年12月に策定した「風評払拭・リスクコミュニケーション強化戦略」や被災地への企業立地に対する支援制度を説明。「福島県産品の積極的な利用や放射線に関する企業研修に加え、視察や観光の促進をお願いしたい」と要請した。
 榊原氏は「被災3県の農産品、水産加工品を集めた社内マルシェや、社員食堂での調理などいろいろな形でPRしていく」と強調。「東北に1社でも多く企業が立地し、震災復興に貢献できるよう最大限努力を続けたい」と応じた。


2018年01月20日土曜日


先頭に戻る