宮城のニュース

<楽天>渡辺直 古巣へ貢献誓う 37歳8季ぶりチーム復帰 自主トレひたむき

自主トレーニングでノックを受ける渡辺直

 東北楽天の渡辺直内野手が千葉県内でひた向きに自主トレーニングをしている。「過去にトレード移籍を2度経験した。そして昨季限りで西武を戦力外になり、野球ができない苦しさを味わった。いろいろな経験をしてきた分、仙台のファンにいいプレーを見せたい思いが今は強い」
 今オフ、現役続行が危ぶまれたところに東北楽天から誘いを受け、8季ぶりに復帰を果たした。それだけにチームへの感謝と、ファンに恩返ししたい気持ちが日々の原動力になっている。
 2月の久米島キャンプは1軍でスタートとなった。若手なら存在をアピールしようと躍起になるところだが、37歳は全く浮ついたところがない。「1軍でも2軍でもやるべきことは変わらない。ベテランとしてしっかりしたプレーを見せるだけ」と冷静そのもの。
 かつては東北楽天の正遊撃手だが、何としてもその座を奪い返したいというこだわりはない。今は内野全てをこなせる立ち位置であることを自覚し、「いつ、どんな場面でもきっちり役目を果たしたい」と考える。自主トレから内野の守備練習に入念に取り組む。
 5季ぶりの王座奪還を狙うチームの一員として、大切にしたいのが一生懸命さ。「目の前の一球、一打席、一試合を無駄にしたくない。目の前の場面に逃げずに立ち向かっていきたい」と強調する。
 かつて野村元監督は「野球は一球一球の積み重ね」「小事が大事を生む」などと日常的に説いた。恩師の野球観を無意識に口にしてしまうところが、若手時代から嶋とともに「無形の力」を養ってきた渡辺直らしい。(金野正之)


2018年01月21日日曜日


先頭に戻る