宮城のニュース

<E番ノート>マメちゃん

 各地で自主トレを取材して回ると時に意外な人に会う。東北楽天・渡辺直の取材で訪れた千葉県内の球場でOBの中村真人氏と会った。「マメちゃん」(愛称)は「打撃投手で多い日は700球投げる」と選手よりも元気。引退後は野球解説と飲食業の二刀流で忙しいが、「10日間休みを取って来た」と言う。
 2007〜12年の選手時代から、同期入団で1歳年上の「直さん」と自主トレをしていた。戦力外になって引退を覚悟した13年1月、最後に練習したのもこの球場。その3年後は、同じ形で引退を決めていた弟分の鉄平(現ジュニアコーチ)の打撃投手を務め、大アーチを許して花を持たせた。
 今回「マメちゃん」は「直さん」にひたすらノックを浴びせた。その後の昼食時間に「直さんが帰って来て、うれしいでしょう」とこちらに言ってきたが、彼の方がニコニコしていた。
 勝手知ったる仲間と野球している時だけは、育成選手としてプロ入りした時のような新鮮な気持ちになれるから、毎年来てしまうのだろう。季節外れの白いTシャツで汗を流す背中に、新人時代の番号「126」が浮かんだ気がした。(金野正之)


2018年01月21日日曜日


先頭に戻る