岩手のニュース

東北にもVMATを 岩手大がシンポ、被災動物支援探る

東北初のVMAT設立に向けて意見交換する関係者

 大規模災害時にペットや家畜の救護を担う東北初の「災害動物医療支援チーム(VMAT)」の設置に向け、岩手大は20日、課題や支援体制、先進事例を学ぶシンポジウムを開いた。
 日本獣医生命科学大獣医学部の羽山伸一教授(野生動物学)は基調講演で、日本の被災動物への支援体制の不十分さを指摘。「各都道府県にVMATをつくって組織化する必要がある。広域支援のコーディネーターとなる行政獣医師を養成すべきだ」と強調した。
 群馬県VMATの隊長を務める小此木動物病院(群馬県伊勢崎市)の小此木正樹院長は、熊本地震でチームを派遣した活動事例や、動物を連れた傷病者への対応訓練の様子を紹介。「被災地で正確に情報収集するためには関係者との訓練が欠かせない」と主張した。
 羽山、小此木両氏と岩手県獣医師会の佐々木一弥会長らが参加したパネル討論では「保健や福祉など他分野の人と常に顔の見える関係を築いておくことが大切」といった意見が出た。
 岩手大三陸復興・地域創生推進機構の被災動物支援班は東日本大震災の直後から被災地に診療車を派遣し、被災動物の治療や食事の支援をしてきた。今後は獣医師向けのセミナーなどを開きながら県獣医師会とVMATの設立を目指す。
 同機構の山崎弥生特任研究員(獣医学)は「震災時は人命救助が優先だが、ペットのことが気になり、不安な生活を送る被災者は多い。動物の命を救うことで被災者支援につなげたい」と話した。


関連ページ: 岩手 社会

2018年01月21日日曜日


先頭に戻る