広域のニュース

<インバウンド>外国人客SNS投稿をAIで分析、評価を抽出 誘致拡大へ活用 NTTと電通が実証実験

 NTT東日本や電通などは、人工知能(AI)を使った翻訳システムを活用し、東北を訪れた訪日外国人旅行者(インバウンド)による会員制交流サイト(SNS)への投稿を分析する実証実験を始めた。観光名所や食、文化体験などに関する大量の口コミを検証。インバウンドの視点で東北の観光資源を再評価し、誘致拡大につなげる。
 NTT東のAI翻訳システム「cototoba(コトトバ)」を活用。東北を訪れた台湾人らが2016年10月〜17年9月に投稿した口コミ約5万7000件を翻訳し、電通のビッグデータ解析のノウハウで内容を分析する。
 コトトバは独自に集めた文化観光分野の単語やフレーズをAIが大量に学習。一般的な翻訳システムより精度が高い。翻訳会社などに依頼するより、期間や費用の優位性があるという。
 投稿内容が好意的か否定的かも判別可能で、投稿数が少なくても好評価の割合が高い穴場スポットなどを発掘できる。地名などと同時に投稿が多いキーワードも抽出でき、効果的な観光プランの設定に生かせる。
 分析結果に基づき新たに設定した周遊ルートなどは、格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーション(大阪)が宮城県と連携して運営するインバウンド向け情報サイト「COMOMO(コモモ)」で今月下旬〜2月に配信する。閲覧したユーザーがSNSに投稿した反応を再度分析する。
 NTT東は台湾人観光客らが急増する東北の潜在的な観光ニーズの高さに着目し、実証実験の対象地域に決めた。商用化した場合、自治体や旅行会社の利用を想定する。担当者は「観光資源の発掘や効果的なプロモーションに活用してほしい」と話す。
 東北運輸局によると、17年1〜10月の東北の外国人宿泊者数は延べ75万8870人。前年同期比42%増となり、全国の伸び率(11%)を大きく上回った。国・地域別では台湾が最も多い29万5460人。


関連ページ: 広域 社会

2018年01月21日日曜日


先頭に戻る