秋田のニュース

<大森山動物園>草食系でも「落ちない」よ!レッサーパンダのお守り配布

大森山動物園が受験生らに配布しているレッサーパンダのお守り

 冬季開園中の秋田市大森山動物園は、飼育しているレッサーパンダの写真をあしらったお守りを受験生らに無料で配布している。木から「落ちない」レッサーパンダにあやかろうと、飼育員らが企画した。
 お守りは参考書などに挟むことができるしおり型。同園で誕生した母の「ゆり」と双子のきょうだい「小百合」「ケンタ」の3匹が仲良く木登りする写真が印刷されている。
 同園によると、レッサーパンダは鋭い爪で木をつかみ、長い尻尾でバランスを取って木に登る。草食にもかかわらず、顔つきや歯には肉食動物の特徴があり、進化途上の可能性もある。
 企画した飼育員の関谷藍子さん(34)は「勉強の合間に見てリラックスし、ラストスパートで力を出し切ってほしい」と話す。
 受験生とその家族、知人を対象に、園内のミルヴェ館窓口で配る。今月末をめどに、なくなり次第終了。
 冬季開園は2月末まで、土、日曜日と祝日の午前10時〜午後3時。連絡先は同園018(828)5508。


関連ページ: 秋田 社会

2018年01月22日月曜日


先頭に戻る