宮城のニュース

<東北大>被災者の心に寄り添う「臨床宗教師」養成講座 受講生を募集

 東日本大震災の被災者や終末期患者らの心に寄り添う「臨床宗教師」を養成する東北大大学院実践宗教学寄付講座は、4月開講のインターネットを利用した社会人向け教育プログラム「臨床宗教教養講座」の受講生を募っている。
 講座は、宗教の枠を超えた臨床宗教師の知識や経験を地域での活動に役立ててもらおうと昨年4月に新設された。募集対象は高校卒業程度の学力があり、グリーフ(悲嘆)ケアなどに関心がある人や医療福祉分野などで臨床経験がある人。死生学の専門家や臨床宗教師、僧侶らが指導する。
 履修期間は4月中旬〜来年2月末。インターネットでの通信教育で10科目を各15時間受講し、8月と来年2月にスクーリング(面接指導)を受ける。
 受講料10万円。定員20人程度。応募は同講座のホームページから願書を入手し郵送で。連絡先(FAX兼用)は同講座022(795)3831。電話は月曜と金曜対応。


関連ページ: 宮城 社会

2018年01月23日火曜日


先頭に戻る