宮城のニュース

<ベガルタ>海邦銀行と練習試合 2−0で勝利も決定力に課題

 22日は今季初の練習試合を九州リーグの海邦銀行(沖縄)と行い、2−0(30分を3回)で勝った。昨季から継続する「3−4−3」の攻撃的なシステムで一方的に押し込んだが、決定力に欠いて思うように得点を伸ばせなかった。新加入のFWジャーメインが1ゴール1アシスト。
 渡辺監督は「攻撃の狙いをしっかり表現して好機を多くつくることはできたが、それで良しとしては駄目。質を高める課題が最初に出たことが一番の収穫」と厳しく指摘した。
 23、24日はオフ。25日から練習を再開する予定。


2018年01月23日火曜日


先頭に戻る