広域のニュース

東北きょう大荒れの恐れ 低気圧が発達、交通障害や雪崩などに注意

 仙台管区気象台は22日、発達する低気圧の影響で、東北地方の太平洋側で23日明け方にかけて大雪、日本海側で23日昼前から26日ごろにかけて暴風雪や大しけ、大雪になる恐れがあるとして、交通障害や雪崩などに注意を呼び掛けた。
 管区気象台によると、23日午後6時までに予想される24時間降雪量はいずれも東北の多い所で太平洋側、日本海側とも平地で30センチ、山沿いで40センチ。24日にかけて日本海側を中心に降雪量はさらに増える見込み。
 23日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、海上は太平洋側、日本海側とも25メートル(35メートル)。陸上は太平洋側17メートル(30メートル)、日本海側18メートル(30メートル)。波の高さは太平洋側4メートル、日本海側6メートル。


関連ページ: 広域 社会

2018年01月23日火曜日


先頭に戻る