宮城のニュース

大崎産の大豆とコメで料理対決 出品者と審査員を募集

 大崎地方の食材を使ったレシピを競う「おおさき料理対決」が2月25日、大崎市岩出山のスコーレハウスで開かれる。料理人や農家でつくる「おおさき楽友会」の主催。料理の出品者と審査員を募集している。
 出品者はプロの部10人、アマチュアの部6人。19回目を迎える今回は「コメ、大豆」がテーマ。地元産米のささ結(むすび)、ゆきむすびや大豆ミヤギシロメを生かした2、3品で味を競う。
 審査員は出来たての料理を食べ比べて投票し、プロ部門から最優秀賞1人、アマ部門から特別賞1人を選ぶ。定員50人で、参加費は1人2000円。
 出品者のみ申込期限があり、2月10日までレシピを提出する。出品者、審査員ともに定員に達し次第、締め切る。連絡先は楽友会事務局の矢内さん090(2956)9900。


関連ページ: 宮城 経済

2018年01月25日木曜日


先頭に戻る