宮城のニュース

<e−Tax>確定申告「簡単で便利」楽天・高梨投手が体験

オンラインでの確定申告を体験する高梨投手

 所得税の確定申告が2月に始まるのを前に、プロ野球東北楽天の高梨雄平投手が24日、仙台市青葉区の仙台北税務署で、電子申告・納税システム「e−Tax」での手続きをPRした。
 高梨投手は国税庁ホームページ(HP)で架空の年俸や社会保険料などを入力し、オンラインでの手続きを体験した。高梨投手は「パソコンが得意でない自分にも簡単だった。24時間利用できるのも便利」と話した。
 e−Taxは2004年度に運用を開始。仙台国税局管内で16年度、e−TaxやHPを利用して申告した人の割合は50.6%で、初めて5割を超えた。
 確定申告の受け付けは2月16日から3月15日。同国税局の担当者は「税務署は混雑して時間がかかる場合がある。e−Taxなどを多くの人に利用してほしい」と呼び掛けた。


2018年01月25日木曜日


先頭に戻る