宮城のニュース

仙台・大野田に東邦銀新支店 宮城県内5店舗目

新設した仙台南支店の前でテープカットする関係者

 東邦銀行は24日、仙台南支店を仙台市太白区大野田4丁目に開設した。宮城県内では5店舗目。ローンセンター併設のフルバンキング店で、東日本大震災や東京電力福島第1原発事故で避難した福島県出身者や企業との取引拡大を狙う。
 鉄骨2階、延べ床面積約410平方メートルの店内に個室型の相談スペースや貸金庫を設けた。ローンセンターは週末も営業し、住宅資金や教育資金、カードローンの相談、融資に応じる。
 北村清士頭取は「高齢化社会を迎え、相続や事業承継、遺言信託のニーズが高い。独自性のある商品をそろえ、選ばれる銀行として精進したい」と述べた。
 同行は震災後、避難した顧客から店舗網充実の要望が強く、2014年5月に名取支店(名取市)、17年6月に仙台泉支店(泉区)を新設するなど仙台圏での新規出店を加速させている。


関連ページ: 宮城 経済

2018年01月25日木曜日


先頭に戻る