宮城のニュース

<楽天>マッサンのような人に 新人選手がウイスキー工場見学

 東北楽天の新人選手が24日、仙台市のニッカウヰスキー仙台工場宮城峡蒸留所を見学した。
 ウイスキー製造の工程を学び、野球にも生かしてもらおうと、毎年実施している。新人8人が工場内の貯蔵庫などを見学し、5年物や12年物の香りを確かめたほか、20歳以上の選手は実際に試飲した。
 創業者の竹鶴政孝と同じ広島県出身のドラフト1位、近藤弘樹投手(岡山商大)は「ウイスキー造りの各工程に情熱が込められていると感じた。自分も偉大な人になりたい」と思いをはせていた。


2018年01月25日木曜日


先頭に戻る