宮城のニュース

<仙台中央倫理法人会>狩野英孝さん招き来月セミナー 「苦難は幸福の門」テーマに活動自粛時語る

2月の経営者モーニングセミナーのチラシ

 一般社団法人倫理研究所(東京)傘下の「仙台中央倫理法人会」(仙台市青葉区)が、毎週木曜日早朝に開いている経営者モーニングセミナーの参加者を増やそうと、2月を強化月間として講師役にタレントの狩野英孝さん(栗原市出身)ら著名人を招く。事務局は、倫理経営の趣旨に賛同する仲間の輪を広げる契機にしたいと期待する。

 モーニングセミナーは、青葉区のホテル白萩を会場に午前6〜7時に行っている。2月1日は狩野さん、8日は鈴木隆仙台銀行頭取、15日は元朝日新聞論説委員の田部康喜さん、22日は画家・版画家の尾崎行彦さんが登場する予定。
 狩野さんは昨年1月に一部報道で未成年女性との交際が指摘され、その後、活動を自粛していた。今回は「苦難は幸福の門」をテーマに、自粛時に不安や恐怖とどのように向き合ったかなどについて講話する。
 同法人会は会員企業約300社。セミナーには毎回60〜70人が参加している。2月は、全4回で計400人を目標にする。
 参加対象は同法人会の活動に関心のある経営者や幹部、起業を志す人で、定員は各回約100人。無料。先着順で、希望者は事前申し込みが必要。連絡先は仙台中央倫理法人会事務局022(217)0057。


関連ページ: 宮城 社会

2018年01月26日金曜日


先頭に戻る