宮城のニュース

スリップ事故94件6人けが 宮城県内

 宮城県内は24日夜から25日朝にかけて、強い寒気に覆われ、仙台で今季最低の氷点下6.7度を記録した。この影響で凍結によるスリップ事故が相次いだ。
 県警によると24日午後6時〜25日午後3時、県内で雪の影響とみられるスリップ事故は94件発生。うち人身は6件で6人が軽いけがをした。


関連ページ: 宮城 社会

2018年01月26日金曜日


先頭に戻る